¥価格で商品を探す

  1.   > 
  2.   > 
初盆のお返し

初盆のお品に人気ギフト商品

初盆とは

人が亡くなってから、初めて迎えるお盆のことを「初盆」または「新盆」と呼び、他のお盆より特別の供養をするのが 古くからの習慣でした。この時期は、故人が仏になって初めて里帰りするというので盛大に供養する地方も多いようです。故人の近親者は盆提灯を贈り、一方、初盆を迎える家では近親者や僧侶を呼んで読経していただきます。最近では、提灯そのものではなく、「御ちょうちん代」として現金を贈るのが一般的です。

お経の後には、簡単な食事でもてなします。また、親戚や近所の人から「御供物」をいただいたときや、ご焼香にわざわざ来てくださった方には 「志」の引出物を渡します。

故人が亡くなって四十九日を迎える前にお盆の時期が来た場合、初盆は翌年以降に繰り越されます。 ただし、お盆としては通常通り、先祖の墓参りや仏前供養を行ってかまいません。また、浄土真宗では初盆の行事は基本的には行いません。

初盆の時期と行い方

お盆の時期は、全国的には8月13日〜8月15日とされていますが、初盆の場合は、8月7日〜15日とされています。 遠州地方など、旧暦にしたがい7月7日〜15日に行う地方もあります。(初盆の時期は地域によりことなります。)

準備としては、7日までに精霊棚の飾りつけをし(棚の上にお花や団子、ナスやキュウリで作った馬や牛を飾る)、 霊が迷わずに帰って来れるように目印として提灯を玄関や軒先に飾ります。 期間中に、親族や友人を招き僧侶に読経をしていただき、その後食事でもてなします。 お盆期間が終わる、15日の夕方か翌日の16日に送り火を焚いて先祖を送ります。

初盆のお返しを盛大に行う地域も・・・

遠州地方(浜松など静岡県西部)は初盆の行事を派手に行うことで有名です。親族のみならず、故人の友人・知人を招き 葬儀と同じくらいの規模で供養の儀をとり行います。参列者はきちんと喪服を着用し、「御仏前」を持参します。御仏前の相場は3000円程度となっており、喪家側は初盆の返礼品として「そうめん」「ジュース」「ゼリー」などをお渡しするのが通例となっています。
金額的には香典返しと同様、半返し(いただいた御仏前の半額程度)が目安です。3000円〜5000円程度の品物を一律で贈ってもよいでしょう。

初盆の期間に用意する精霊棚の飾り方の例

初盆の精霊棚

【上段】
棚の最上段に位牌を設置します。また、笹を柱にし、真菰の縄を張りそこからほおずきを吊るします。ほおずきは提灯を表しています。

【中段】
生前、故人が好物だったものや、お団子、果物などをお供えします。

【下段】
ござを敷き、その上に香炉やおりん、ろうそく、キュウリやナスでつくった馬や牛を飾ります。

一段での飾り方

簡易的に1段で飾り付けてもよいです。

初盆の表書きの一覧

表書き 用途 水引
御供 おそなえ
初盆を迎えた仏へ贈るお供え品に。
水引は黒白、双銀
結びきり
御仏前 ごぶつぜん
四十九日を過ぎた仏へ贈るお供えに。
水引は黒白、双銀
結びきり
御ちょうちん代 おちょうちんだい
昔は初盆にはちょうちんを送っていましたが、現在はその代わりに贈る現金という意味。
水引は黒白、双銀
結びきり
初盆 はつぼん
初盆のお返しの引出物に。初盆会でもよい。
水引は黒白、双銀
結びきり
こころざし
仏事返礼品の表書きとして広く使えるもの。初盆のお返しにも使えます。
水引は黒白、双銀
結びきり
初盆供養 はつぼんくよう
初盆供養として贈るお返しの品に。「新盆供養」でも可
水引は黒白、双銀
結びきり

初盆お返しのおすすめ商品

当店人気 産地直送グルメカタログ
リンベル 北海道七つ星ギフト ピリカ

リンベル 北海道七つ星ギフト ピリカ

品番:RI-Y829-001
販売価格:4,400
詳細情報を見る

高額のお香典を頂いた方への返礼に好適品
たびもの撰華 椿(つばき)10000円コース

たびもの撰華 椿(つばき)10000円コース

品番:JTM113-M
販売価格:11,660
詳細情報を見る


北海道のグルメカタログギフト
羊かん、ゼリー、和菓子のギフト
お買い物について